ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

ロックな言葉が心を震わせる!ジャパニーズロック名言 ~80年代~

スポンサーリンク

 f:id:nekobuchou:20200609163005j:plain

こんにちはネコ部長です。

今日は6月9日で「ロックの日」だそうですね。

 

www.nekobuchou.com

 

 というわけで、私が今もリスペクトするロックバンドから「心を震わせるジャパニーズロック名言」を、80年代にスポットをあててご紹介しましょう!

 

 

ZIGGY

ゴールデン☆ベスト ZIGGY

ZIGGY

1984年にボーカルの森重樹一を中心に結成されたバンド。メジャーデビューは1987年で翌年の1988年5月には初のシングルとなる「GLORIA」をリリース。この曲はドラマの主題歌にも起用され、一気にブレイクしました。その後は、メンバーの入脱退を繰り返しながらも活動を続けている。

ZIGGYの曲は、私もよく コピーバンドでギター演奏していましたが、抜けの良いドライブサウンドと、なんといっても歌詞のセンスが良かったのを覚えています。

そのZIGGYの代表曲でもある「I'M GETTIN'BLUE」から紹介しましょう。

 

どしゃぶりの雨が 通り過ぎる頃には 捜してた言葉見つかるかもしれない

 

いやぁ、ロックの中に何か伝わってくるものがありますよねぇ! 

PERSONZ

DEAR FRIENDS 【Album Version】 

PERSONZ

1983年にボーカルのJILL(ジル)と、ギターの本田毅が中心となって結成していた「NOTHING PERSONAL」に新しいメンバーが加わり、1984年に「PERSONZ」改名。1987年にメジャーデビューし、4枚目のシングル「DEAR FRIENDS」はテレビドラマの主題歌にもなり、今でも多くの方がカラオケで熱唱している名曲中の名曲です。

 PERSONZの特徴は、独特のサウンドにあります。

JILLの女性とは思えないパワーのある歌声と、エフェクターの魔術師といわれている本田毅のギターサウンドがマッチして、とにかくカッコいい!

そのPERSONZの名曲「7 COLORS(Over The Rainbow)」から紹介しましょう。

 

曇り空もいつか晴れて まぶしい日差しが 浮かぶわ きっと

 

この一節だけで、不安を感じている今の世の中に、希望が持てるような感じがしてきませんか?

 

BOOWY

BEAT EMOTION

 

BOOWY

1981年に氷室京介、布袋寅泰、松井恒松を中心に東京で結成され、その後ドラムの高橋まことが加入し、1982年に「MORAL」でレコードデビュー。当初は6人のメンバーでしたが、2人が脱退し、1987年の解散まではこの4人で伝説のロックバンドを築き上げたのです。後のバンドブームの火付け役となり、BOOWYの及ぼした影響は絶大であるといえるでしょう。

 BOOWYがどれだけスゴいバンドだったかを語るには、あまりにもスゴすぎるのでここでは伏せておきます。

「何にもどれにも属さない」オリジナリティのあるロックバンドだったBOOWYは、サウンドだけではなく、そのファッションも多くのバンドマンたちに影響を与えています。

私も熱烈なファンの一人です! 

www.nekobuchou.com

 布袋さんに憧れ、同じようなギターを購入したものです。

 そのBOOWYの数ある名曲から「ON MY BEAT」の一節を紹介しましょう。

 

自分を守るのは 何かを残したあとだぜ 形にこだわっちゃ古びたものしか見えない

 

いやぁ、伝説のロックバンド「 BOOWY」らしい名言ですね! 

さいごに

REBECCA IV ~ Maybe Tomorrow ~

 いかがでしょうか。

80年代は、まさにバンドブーム。

今回ご紹介したバンドは、80年代第2次バンドブームといわれた主役たちです。

他にも「レベッカ」や「THE BLU HEARTS」など、ジャパニーズロックシーンに大きな影響を与えたバンドもたくさんあります。

80年代から90年代へと繋げてくれた偉大なるジャパニーズロックバンドから、心を震わせるロックな言葉を紹介しました。

 

ご覧いただきありがとうございました。