ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【ギター初心者】どれを買おうか迷ったときのエレキギターの選び方について

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20190310130519j:plain

 

こんにちはネコ部長です。

ギターの年間販売数は約30万本ともいわれていますが、

その中にはギターを始めようと思って購入されている

かたも多いと思います。

しかしエレキギターの種類はたくさんあり、どれを買えば

いいのかわからなくなってきます。

 

そこで今回は、迷ったときのエレキギターの選び方について

お話しいたします。

 

ギターの種類

エレキギターにもいろいろな種類がありますが、

ここではよく使われている代表的な種類を紹介します。

テレキャスター 

Fender エレキギター MIJ Traditional '60s Telecaster® Custom Rosewood Torino Red

Fender エレキギター MIJ Traditional '60s Telecaster® Custom Rosewood Torino Red

 

 

テレキャスター(テレキャス)はフェンダー社から初めて

制作されたものがこの形状です。

ボディーとネックが別々の行程で造られ、それをボルトで

固定するという画期的なモデルです。

2つのシングルピックアップ(音を拾うマイク)が搭載されていて、

シャリッとした歯切れのよいサウンドが特徴です。

ストラトキャスター 

Fender エレキギター Player Stratocaster®, Maple Fingerboard, 3-Color Sunburst

Fender エレキギター Player Stratocaster®, Maple Fingerboard, 3-Color Sunburst

 

 

定番中の定番で、エレキギターと言われたら真っ先に思い描くのが

このモデルだと思いますが、実はテレキャスが進化したものがこの

ストラトキャスターなのです。

特徴は、ピックアップとコントローラー類をすべてピックガード

に装着しています。

ピックアップは3つ搭載されていて、ピックアップセレクターで

フロント、ミックス、リアと切り替えられます。

そしてブリッジ(ボディーから弦が出ているところ)には

トレモロアーム(棒状のもので上下に動かすと音が揺れる)が

ついています。

レスポール

 

ギブソン社から生産されたのがこのレスポールです。

ネックとボディーが一体になっていて、ピックアップは

ハムバッカー(シングルピックアップを2つくっつけたもの)が

2つ搭載されていて、とてもパワーのあるサウンドが出せます。

セミアコ  

 

見た目がなんだかヴァイオリンを思わせるようなもので、

比較的ソリッドな感覚があります。

独特の甘いサウンドが特徴で、ジャズギターとしては最も

ポピュラーなタイプです。

ちなみにボディー内がすべて空洞になっているものは

フルアコ(フルアコースティックギター)といいます。

SG

 

レスポールからモデルチェンジしたのがこのタイプで、

olid uitarの頭文字をとってSG

なりました。

比較的に薄い形状で、独特の抜けの良いサウンド

特徴です。

変形ギター

FERNANDES hide model MG-145X PAINT

FERNANDES hide model MG-145X PAINT

 

 

その名の通り様々な形状をしていて、歴史は古く1958年に

ギブソン社から生産されています。

ヘヴィメタルをやっているギターリストさんなどがよく使って

います。サウンドもかなり重圧な感じが出せる仕様になっていて

エンターテイメント性のあるモデルです。

選び方のポイント

選び方のポイントとしては、自分がどんなジャンルの曲を

弾いていくのかというプレイスタイルと、曲のイメージ

合わせていくのかになります。

ただし注意しなければいけないのがネックの太さです

ネックにも太さがありますので、手の大きさや指の長さ

にも大きく影響してきます。

 

 

 私も手は割と小さく指も長くないので、最初に手にしたギター

はネックが太目だったためちょっと苦労しました。

初心者や女性は細めのネックをおすすめします

 

あとは楽器店に行き実際に触ってみることです!

店員さんに言えば弾かせてもらえますので、手に取ってみて

判断することは大切です。

お値段

価格ははっきりいってピンキリです。初心者セットなどが

ネットでも売られていますが、2万円前後でギターに必要な

ものが一式揃っています。

また逆にギター1本で数十万円するものもありますが、最初は

5万円くらいのものでも十分なパフォーマンスを出せます。

 

音やモデルにこだわればそれなりのお値段になってきますが、

私の知っているギターリストさん達は、自分でカスタマイズして

いますので、安くても立派なギターを持っています。

まとめ

選び方のまとめとしては、

・プレースタイルに合わせる

・曲のイメージに合わせる

・手の大きさや指の長さに注意する

・楽器店に行き実際に触ってみる

となります。

 

ギターは自分にとって最大のパートナーですので、

自分に合ったタイプを選んでください。

 

ちなみに私が最初に購入したギターは、組んでいたバンドの

曲のイメージがハードな曲が多かったため、ネックは細め

フレット数も24フレットあるもの、トレモロアームがついていて

ギュインギュインしても音が変わらないようにネックに

ロックナットがついているモデルを5万円で購入しました。

(16歳の頃の話しです)

しかし、当時組んでいたバンドの解散と同時に本来やりたかった

曲のイメージとは合わなくなり結局は手放してしまいました。

 

このように、ここがブレるとギターはただのツールに

なってしまいますので、「これだっ!」と思ったギターを

選べば後悔はしないと思います。

 

その後、本当に欲しかったギターを貯金をして購入し

今でも数十年使い続けています!

 

f:id:nekobuchou:20190210213745j:plain


 これからギターをはじめられる方にとって大切なパートナーが

見つかることを願っています。

それでは素敵なサウンドライフをはじめていきましょう!

 

ご覧いただきありがとうございました。