ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【ニーチェ格言】「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」って中二病のセリフなの?

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20200523175251j:plain

こんにちはネコ部長です。

「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのですよ!」

これって、中二病の人が言うセリフなんですよね?

 

 こんなことを言われたことがありますが、

残念ながら中二病のセリフではありません。 

 

 

「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」

じつはこのセリフ、ドイツの哲学者ニーチェが書いた本の中に登場する言葉なのです。

 

 

 そもそもニーチェって、どんな人なんですか?

フリードリヒ・ニーチェ 

f:id:nekobuchou:20200523182359j:plain
 

フリードリヒ・ニーチェ
本名:フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ。
19世紀に活躍したドイツ人哲学者であり、古典文献学者でもありました。
現代では実存主義の代表的な思想家として知られています。
彼の書いた著書の代表作には「善悪の彼岸」「ツァラトゥストラはこう言った」「道徳の系譜」などがあります。

参照:ウィキペディア 

 けっこう、偉い学者さんだったみたいですよ。

「深淵」って何ですか?

f:id:nekobuchou:20200523183906j:plain

さて、「深淵」にはどういった意味があるのでしょう? 

「善悪の彼岸」にはこのように書かれています。

怪物と戦う者は、戦いながら自ら怪物にならぬよう用心したほうがいい。 あなたが長く深淵を覗いていると、深淵もまたあなたを覗き込む。

「深淵」の言葉には「奥深く底知れない」という意味があります。

怪物と戦っている時は必死ですよね。長く必死に戦っていると、自分自身が同じ怪物になっているかもしれない。

つまり、怪物を倒しまくっている自分を他の人が見たとき、あなた自身が怪物だと思われているということです。

日本で有名なことわざでは、「ミイラ取りがミイラになる」といった言葉に似ていると思います。

マンガやアニメでもお馴染み!

f:id:nekobuchou:20200523185727j:plain

提供元:この素晴らしい世界に祝福を!

アニメで登場するこのセリフ!

ざっと挙げれば、次のマンガやアニメでも似たような言い回しで登場しています。

・ベルセルク ・風の谷のナウシカ ・ゲゲゲの鬼太郎 ・PSYCHO-PASS  
・この素晴らしい世界に祝福を!

 なかでも有名なのが、「この素晴らしい世界に祝福を!(通称:このスバ)に登場する、めぐみんが初登場の時に、この言葉を使って一躍有名になりました。

Tシャツまで出ているくらいです。

 

 

さいごに

 f:id:nekobuchou:20200523193138j:plain

いかがでしょうか。

「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」は、中二病のセリフではないことがお分かりいただけましたか。

しかし、中二病のセリフの代名詞となっている今では、ニーチェの格言と言っても信じてもらえないかもしれませんね。

みなさんも「深淵」を長く覗き込まないように気をつけましょう。

 

ご覧いただきありがとうございました。