ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【マーケティング】あなたのSNSのお相手は?ターゲット顧客によってSNSを使い分けてみる

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20190713160952j:plain

 

センパ~イ。今度の企画なんですけど、TwitterやLINEを利用して
PRしたらダメですか?

そうね。でもターゲット顧客や使用するSNSなど、
よく考えてからやらないとね!

 

こんにちはネコ部長です。

今やスマホユーザーのほとんどのかたが、少なからずSNSに関わっていますが、

SNSを利用したマーケティングを考えるなら、やはりターゲット顧客が誰なのか

を理解しておかなければいけません。

 

今回は、ターゲット顧客によってSNSを使い分けてみることを考えて

みたいと思います。

SNSとは  

Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で、

ソーシャル(社会的な)ネットワーキング(つながりで)サービス(提供する)

といった意味になります。

SNSは誰でも簡単に利用でき、 情報拡散力に優れているといった特徴があるので、

Facebook、Twitter、LINE、Instagramなど、それぞれの機能や特徴を活かした

マーケティングを考えていかなければなりません。

それでは、SNS別でどのような特徴があるのかを考えてみましょう。

Facebook

       f:id:nekobuchou:20190713182443p:plain 

国内ユーザー数・・・2800万人(2017年9月発表)

 

コンテンツの種類・・テキスト、リンク、動画、ストーリー、画像、 

          カルーセル、LIVE動画

 

特徴・・・フォーマルな場、コンテンツが豊富、

     広告のターゲット分析の精度が高い 

Facebookでは、主にビジネスパーソンのコミュニティを中心に利用されています。

実名制で、メッセージ機能が充実しているため、プライベートだけでなく、取引先

などとの連絡にも利用されています。

 

f:id:nekobuchou:20190713184127p:plain

参照:ソーシャルメディアラボ

 

男女年代別では、男性で最も多いのが40代~50代で、女性では20代~30代

となっています。

Twitter 

       f:id:nekobuchou:20190713193841p:plain

国内ユーザー数・・・4500万人(2017年10月発表)

 

コンテンツの種類・・テキスト(140文字)、リンク、画像、

          動画、LIVE動画

 

特徴・・・リアルタイム性、拡散性、ハッシュタグ、

     ターゲット分析の精度が高い

Twitterでは、Facebookにはない複数アカウントを所持することができます。

また、リツイート(RT)やハッシュタグ機能 があるので拡散性は他のSNSと

比べても高いといえるでしょう。

 

f:id:nekobuchou:20190713195809p:plain

参照:インスタラボ

 

男女年代別の中でも圧倒的に多いのが20代女性、続いて40代男性ですが、

日常の情報発信だけでなく、ブログなどの紹介が多くみられるのも特徴ですね。

 

Instagram

      f:id:nekobuchou:20190713200728j:plain

国内ユーザー数・・・3300万人(2019年6月発表)

 

コンテンツの種類・・画像、カルーセル、動画、ストーリーズ(24時間限定)

          、ストーリーズでLIVE配信可能

 

特徴・・・写真メイン、独自の世界観、ハッシュタグ

近年最も成長している SNSで「インスタ映え」なども流行っており、

多くの企業がこれを狙った戦略も立てています。

 

f:id:nekobuchou:20190713202051j:plain

参照:インスタラボ

 

男女比でいえば、39:61で圧倒的に女性ユーザーが多く、特に20代の

ユーザー数が多いのが特徴です。企業も20代女性向けの商品開発や、料理、

店舗レイアウトなども工夫されています。

LINE 

      f:id:nekobuchou:20190713203028p:plain

国内ユーザー数・・・8000万人(2019年4月発表)

 

コンテンツの種類・・テキスト、画像、動画、リンク、LIVE配信可能

 

特徴・・・トークとタイムラインの2つがある、スタンプが豊富、

     モバイルでのアクティブユーザーが多い

 LINEは日本国内において最も多くのユーザー数を誇るSNSで、メールに

代わって圧倒的な存在感を示しています。 また、公式アカウントやLINE@

などを活用した企業とユーザーとの直接的なコミュニケーションが取れる

のが特徴です。

 

f:id:nekobuchou:20190713204414p:plain

参照:インスタラボ

 

 男女年代別でみると意外と多いのが40代~50代ですが、男女とも同じ割合

で利用されています。多くの企業では費用がかからないLINE@を活用して

おり、企業と個人をつなぐサービスとして今後のビジネスにも注目されて

います。

SNSを活用したマーケティングのポイント

SNSを活用したマーケティングには、自社の商品をどこの誰にどれだけ買って

もらいたいのかを明確にする必要があります。その前に考えていただきたいのが

次の3つです。

目標を設定する

SNSはあくまでもマーケティングの目標を達成する手段です。

その目標を明確にしていくためにも、KPIとKGIと呼ばれる指標を

定めておきます。

 

www.nekobuchou.com

 

SNSを運用するのが目的とならないようにしてください!

顧客が誰なのかを考える

自社の商品(ブログ)はどのようなユーザーに利用してもらいたいのか

を考えていきますが、そのためにペルソナを設定しましょう。

 

www.nekobuchou.com

 

しっかり掘り下げて設定することが重要なのですよ!

SNSを選ぶ

職種やお店によってお客様が異なるように、各SNSのユーザー層の特徴を

把握したうえで、自社のターゲットや商品にマッチしたSNSを選ぶことが

大切なのです。基本的に、自社の商品は変えることができませんよね。

 

または、商品別(小分類)でターゲットとする客層から、どのSNSを利用

するのかを決めていくという方法もあります。

フムフムなるほど・・。考え方は色々とあるのですね!

まとめ

それではSNS別でのターゲット顧客を簡単にまとめておきましょう。

SNS別ターゲット顧客

《Facebook》

 40代~50代の男性、20代~30代女性

《Twitter》

 40代男性、20代女性

《Instagram》

 20代女性

《LINE》

 40代~50代男女

 と、このようになります。

 あとは、サラリーマンなのか、主婦なのか、ファミリーなのかなど、

商品によって掘り下げて考えてみましょう。

それじゃぁ、この企画はTwitterを使っていっぱい拡散してもらいます♪

う~ん・・。本当にわかったのでしょうか・・・?。

あとでしっかりフォローはしておきますので・・。

ご覧いただきありがとうございました。