ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【ホタル】今が見ごろ!初夏の風物詩「ホタル」が魅せる幻想世界

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20190615171548j:plain

 

こんにちはネコ部長です。

初夏の風物詩といえば「ホタル」ですが、ホタルは初夏の夜を華やかに演出して

くれますね。

 

しかし、このホタルを見る機会もどんどん減っていて、幼い頃は夜になると

そこらへんに飛んでいましたが、今となってはわざわざスポットに足を運ばない

と見れなくなってきました。

ホタル

日本では約50種類もの「ホタル」がいますが、代表的なのがゲンジボタル

ですが、他にも「ヘイケボタル」「ヒメボタル」がいます。また、「ホタル」

という名は「日本書紀」や「万葉集」に既にみられるというから、古来より

日本で親しまれてきたことを表しているということですね。

 

f:id:nekobuchou:20190615173306j:plain

 

ホタルの見れる時期

ホタルは、5月下旬頃から7月中旬ぐらいにかけて見ることができますが、

今年の出現予想が出ていますが、ホタルは成虫になってからは、1週間~

2週間程度の寿命しかありませんので、まさに今が旬だということです!

 

f:id:nekobuchou:20190615175136j:plain

https://weathernews.jp/s/topics/201905/230145/

 

ホタルが生息しているところ

ホタルには、生息できる条件というのがあり、

  1. きれいな水が流れているところ
  2. ホタルの幼虫のエサになる巻貝がいること
  3. 周りに明かりもなく静かなところ

ですが、この条件を満たしている場所といっても、今の日本には限られて

くるのではないでしょうか。

 

 

ホタルが活動する時間帯

ホタルは日が沈む頃から徐々に飛び始めますが、一晩中飛んでいる

わけではありません。飛ぶピーク時間みたいなものがあり、

俗に「ホタル時間」とも呼ばれています。

 

第一ピークは19時半から21時、第2ピークは23時頃、そして最後の

ピークは、深夜の1時から2時頃になっているようです。

 

f:id:nekobuchou:20190615173304j:plain

 

ホタル豆知識💡 

実は、飛び回っているのは、ほとんどがオスなのです!メスはというと草むらに

潜んでいて、近づいて触ったりすると光りだします。

 

また、ホタルを見に行く時は雨が降る前か、雨上がりの少しジメっとした

にいけば見やすいですね!

 

「蛍がよく飛ぶと雨が近い」って、昔はよくそうやって天気を占っていた

こともありました。

ホタルを見るときの注意点!

ホタルを見に行く時は、次のマナーを必ず守っていきましょう。

 

・ホタルは強い光が苦手です。車のライトや懐中電灯で照らしたり

 しないように!車のエンジンは切っておきましょう。

 

・ホタルを捕まえて持って帰らない!

 

・ホタルの生息地の近くには民家もありますので、大声で騒いだり

 タバコのポイ捨てなどは厳禁です!

 

・勝手に田んぼや畑に入ったり、ゴミを捨てたりしないこと!

 

f:id:nekobuchou:20190615193748j:plain

 

ホタルの幻想世界

f:id:nekobuchou:20190615194201j:plain

f:id:nekobuchou:20190615194518j:plain

f:id:nekobuchou:20190615194521j:plain

 

まとめ 

いかがでしょうか。

年々、ホタルは数が減ってきていて、その原因は、やはり人間にあるのです。

環境破壊や汚染によるもので、ホタルの住処がなくなってきています。

ホタルに限らず、メダカなんかは絶滅危惧種になっていますよね。

 

この素晴らしい光景を次の世代に残していくためにも、マナーを守って

いきましょう。

 

全国にある、ホタルおすすめスポットはこちらからご覧ください。

travel.rakuten.co.jp

 

ご覧いただきありがとうございました。