ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【付加価値とは】マーケティングから学ぶ付加価値の考え方について

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20190224150522p:plain

こんにちはネコ部長です。

現代どの業種も市場も拡充されていて、経営するうえで厳しい

世の中になっています。このブログ業界でも同じことが言える

と思います。

そこで考えていかなければならないのが付加価値です。

今回は以前読んだ本から学び、職場でも実践している

「マーケティングから学ぶ付加価値の考え方」

についてお話ししていきます。

 

f:id:nekobuchou:20190224151715j:plain 100円のコーラを1000円で売る方法 著:永井孝尚

付加価値とは

そもそも付加価値とはどういうことなのかというと2通りの意味があり、

①労働過程において付け加えられたもの

②他とは違う独自の価値を商品やサービスに付け加えるもの

があります。

今回は②の付加価値についてお話しします。

独自の価値

商品に独自の価値をつけるという事はどういうことなのか。

このような経験はありませんか?

雑誌にはよく付録というものがついていますよね。

その付録欲しさについついその雑誌を買ってしまう経験など。

「それは付録が目当てで付加価値とは考えにくいのでは?」

と思われるかもしれませんが、これもひとつの付加価値となるのです。

 

雑誌の内容などはどれも一緒に思えてくるかもしれませんが、

内容に関連した付録であるならどうでしょう?

ここで他と違う価値が生まれてくるのではないでしょうか。

 

また同じような飲食店があるとしたときに、

流行っている店とそうでない店との差は何でしょうか。

そこに行かないと食べられないとか、お店の雰囲気が良く

入りやすいとか。

流行っている店には必ず他にない価値があるから流行っているのです。

著書から学んだこと

リッツカールトンの付加価値

本のタイトルには「100円のコーラを1000円で売る」とありますが、

これはコーラーそのものは100円くらいの価値しかありませんが、

それはコーラを売っているのではなく、コーラをおいしく飲める

環境やサービスを売っているという意味なのです。

 

ここに書かれている話しは、あの有名なホテルで私も一度は泊まって

みたいと思っている「ザ・リッツカールトン・ホテル」での話しです。

つまりこのホテルでの最大の付加価値は「体験する」ことになるのです。

結局はコーラに100円という価値を付けるのか1000円という価値をつける

のかはユーザー次第ですが、このホテルならではの付加価値があるので

1000円でコーラが売れるということになるのです。

実践事例

私の職場でも自社における付加価値とはどいうことなのかを考えて

おり、ここでたどり着いた答えが経営理念なのです。

自社の経営理念には「笑顔」という言葉が入っていて、

従業員の笑顔でお客様の笑顔をつくり元気になってもらうという

意味があります。

そしてこの「笑顔」が自社での付加価値にあたります。

 

私のブログの中にKPIマネジメントについて書かせていただいた

記事がありますが、これと関連付けて顧客満足の創造をしています。

www.nekobuchou.com

実績はというと、ミステリーショッピングリサーチといった

一般のかたがお店に来られてお店の点数を付けていくシステムで

(覆面調査ともいいますが)、この実践しているお店での評価は

2回連続満点をいただいています!

他店との差

具体的に何をしているかといえば、お客様に満足していただける

ためにお店に対する不満足を取り除いているだけです。

気持ちよく来店して気持ちよく帰っていただくために欠かせない

のがやはり「笑顔」なのです!

もちろんおいしい料理やサービス、キレイなお店にも力を

入れていますが最終的になければならないのが笑顔なのです。

マーケティング

業種業態によっては市場も変わってきます。

このお店のマーケットがどこにあるかということを考え、

この商品を、誰が、誰に、どれだけ、いくらで売る

というようにしています。

もっと細かくいえば5W2Hで考えて計画を立てて実践して

います。

(いつ、誰が、誰に、どのように、どれだけ(量)、期間、価格)

 

ブログでも同じことがいえると思います。

このブログは、誰が、どんな記事で、誰に対してどのようなやり方で、

記事の更新回数は、かけるコストはいくらで、

のように考えることもできます。

f:id:nekobuchou:20190224164627j:plain

まとめ

付加価値についてまとめてみると、

・付加価値には労働過程において付け加えられたものと、

 他とは違う独自の価値を商品やサービスに付け加えるものがある

・他にはない独自の価値

この2点を知っておき活用していくことをおすすめします。

 

付加価値は業種業態によって色々なものがあると思いますが、

意外と気づいていないこともたくさんあるのではないでしょうか。

これからの世の中はもっと速いスピードで変わっていくと思いますが、

その中で生き残るひとつの戦略として付加価値を大切にしていき、

たくさんの方たちの笑顔につながることを願っています。

 

ご覧いただきありがとうございました。

f:id:nekobuchou:20190224165004p:plain