ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【中秋の名月】十五夜は満月とは限らない!その理由とは

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20200930130442j:plain

 

せんぱ~い、明日一緒にお月見しませんか?

 

いいけど、どうしたの唐突に...。
でも明日って満月じゃないんじゃないの?

 

フフフ...。十五夜は満月とは限らないって知ってました?

 

えっ?そうなの?十五夜って、てっきり満月だと思ってたわ。

 

こんにちはネコ部長です。

中秋と言えば「十五夜」「満月」を連想すると思います。

 

しかしこの「十五夜」

必ずしも満月になるとは限っていないのはご存じでしょうか?

 

今回は「十五夜」についてお話ししましょう。

 

 

 

 十五夜とは

f:id:nekobuchou:20200930164037j:plain

 

十五夜は、中秋の名月(秋の真ん中に出る月)という意味があり、この時期に見る月は1年の中で最も綺麗だとされています。

 

旧暦では新月が月の始まりとなるため、約15日かけて満月を迎え、また約15日かけて新月へと変わる状態を1ヶ月としていました。

そのため、必ず15日目には満月を迎えます。

 

中秋は「秋の真ん中」のことで、旧暦での秋は7月~9月。

そのため「中秋(秋の真ん中)」は、8月15日となります。

 

そして十五夜は新月から数えて15日目の満月の事。

よって、「中秋の名月=満月」となるのですね。

 

なるほどね!ココさんってこういうこと詳しいよね!

 

www.nekobuchou.com

 

 

十五夜は毎年変わる?

f:id:nekobuchou:20200930182533j:plain

 

ところが現在では、月の満ち欠けを基準としていた旧暦ではなく、太陽の動きを基準とした「新暦(陽暦)」が使われています。

 

 よって、新暦の十五夜は8月15日にはならないということになります。

旧暦カレンダー

 

ちなみに2020年の十五夜は10月1日です。

 

ところがその日は満月ではなく、翌日の10月2日に満月を迎えます。

国立天文台 天文情報センター 暦計算室

 

十五夜 満月
2015年 9月27日 9月28日
2016年 9月15日 9月17日
2017年 10月4日 10月6日
2018年 9月24日 9月25日
2019年 9月13日 9月14日

 

過去5年を振り返っても、十五夜の日も違っていますし、満月でもありません。

 

 新暦だと微妙にズレるのですよね!

 

「十五夜のお月見」は旧暦での風習なので、「十五夜=満月+お月見」といった図式となっているのです。

 

十五夜の後の天体ショー!

f:id:nekobuchou:20200930180130j:plain

 

十五夜を満喫した後は、もう一つ特別なイベントが待っています。

 

それは、火星が最も地球に近づくのです!

 

火星は2年周期で地球に接近しますが、最近で最も近かったのが2018年7月。

そして今年、2020年10月6日に最接近するというのです!

火星の最接近一覧 | 国立天文台(NAOJ)

 

23時18分ごろ、南東の方角に月が見えますが、そのもう少し南側に赤く光る星が見えると思います。

それが火星です!

火星最接近2020 | 国立天文台(NAOJ)

 

2年に1回の特別な夜を満喫してみましょう。

 

月見じゃなく、火星の場合は何ていうのかな?

 

まとめ 

f:id:nekobuchou:20200930183527j:plain

 

いかがでしょうか。

中秋の名月と言われる「十五夜」は、満月とは限らないということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

そもそも十五夜の日が満月になるのでしょうか?

 

まぁ、あまりこういうこと言うと、ロマンがないというか、余計なことというか、そんな感じになってしまいますね。

 

月見団子と月見そばでも食べながら、十五夜を楽しんでみましょう。

 

へぇ、とても勉強になったわ。
それじゃ明日の夜を楽しみにしてるね!

 

ありがとうございます。十五夜楽しみましょうね!

 

ご覧いただきありがとうございました。