ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【リスクマネジメント】先を見越して動くことよりも大切なこととは?

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20200317100558j:plain

みなさん、おめでとうございます。
この前の企画が前回比で140%超えの大成功を収めました!
ありがとうございます。社長も喜んでおられましたよ。

ええっつ、ホントですか‼
ありがとうございます!
センパイ、やりましたね!!(^^)!

 みんなありがとう!
これもみんなのマネジメントがしっかりできていたからよ。

ポイントは、「リスクマネジメント」にあったからじゃないのかな?

こんにちはネコ部長です。

マネジメントにもいくつか種類がありますが、なかでもよく考えておかなければいけないのが「リスクマネジメント」です。

先を見越して行動する前に、どのようなリスクが伴うのかを少し考えてみましょう。

 

 

リスクマネジメントとは

リスクマネジメント
リスク(何か悪いことが起こる可能性)を組織的にマネジメント(管理)し、損失などの回避や低減をはかるプロセス(過程)のことです。
想定される様々な不測の損害や損失を最小の費用で効果的に処理するための考え方です。

リスクマネジメントは、主に「リスクアセスメント」「リスク対応」で構成されています。

リスクアセスメント 

リスクアセスメントとは、リスク特定、リスク分析、リスク評価を網羅するプロセス全体のことを指します。

リスク特定・・リスクを発見し、認識し、記述するプロセス
リスク分析・・リスクの特質を理解しリスクレベルを決定するプロセス
リスク評価・・リスクの大きさが許容範囲なのかを決定するためのプロセス

このように、リスクの発生の可能性損失の大きさを考えたうえで、リスクを未然に防ぐためのコントロールをしていかなければいけません。

それが「リスク対応」なのですね!

 

 リスク対応

何事も少なからずリスクは発生しますが、リスク対応とは、リスクを修正するためのプロセスで、リスクの低減とコントロールを行っていくことです。

リスク対応も大きく次の4つに分けることができます。 

リスクの低減・・想定されるリスクの発生率を下げること
リスクの保有・・想定内のリスクを許容範囲とし受け入れること
リスクの回避・・リスクの発生要因をつくらないこと
リスクの移転・・リスクの影響を分散させること

リスクの移転については、他部署などと予め共有しておくことで影響を分散することができたり、リスクによって受けた損失などを保険などでまかなうことができます。

フムフム、なるほど。要は考え方ということですね!

先を見越して動くよりも大切なこととは?

f:id:nekobuchou:20200317112630j:plain

こんな話があります。

時は1894年に勃発した日清戦争。この戦争の目的は朝鮮半島を支配しようとしていた清(今の中国)から朝鮮の独立を確保することでした。

勝利したのは日本ですが、この戦争が全世界に影響を与えてしまったのです。

西洋諸国はそれまで清という国はそれほど強い国とは思っていませんでしたが、国土の広さや人口から見て、清が日本に負けるなどと思ってもいなかったのです。

しかし勝利したのは日本。

そこで日本が清内部まで進出してくるのを警戒し、ロシアが動いたことにより、フランス、ドイツ、英国(今のイギリス)、そしてアメリカまでが動くことになったのです。

日本は防衛上、清に対して仕掛けた戦争だったのですが、結果としては日本が清に勝利したことで、様々な国の利害関係の衝突を生んでしまったということです。

おそらくこの時の日本は、ここまで世界に影響を及ぼしてしまうことなど考えてもいなかったでしょう。

会社組織でもありえる話し

会社でも同じようなことが起こっているかもしれません。

たとえば、ある仕事に取り組んでいるうちに、その仕事ぶりをみて上司や周りから高い評価を受けたことにより、新しい部署に異動させられることになります。

しかし当の本人としては、それは望んでいた結果ではないかもしれません。

また、新しい部署で成果を出してしまうと今度はそれに嫉妬したひとから、嫌がらせや、ありもしない悪口など言われるかもしれません。

「こんなことなら頑張って仕事してこなけりゃよかった...」

なんて思うかもしれませんよね。

しかし、こんな先の結果を想定して仕事する人なんてあまりいないと思います。

何が言いたいかというと、自分の手に負える範囲内で予測を立てること、つまりリスクマネジメントすることなのです。

ええっと、今回の成果を出したことで、もしかして私...
異動になるのでしょうか...。(´;ω;`)

まとめ 

f:id:nekobuchou:20200317121740j:plain

いかがでしょうか。

私たちの周りにはいつも多少のリスクがいつも付きまとっていますが、そのリスクを最小限に抑えることで、望んだ結果に繋げていくことができます。

 

www.nekobuchou.com

 

「こんなはずじゃなかった」「そんなつもりはなかった」なんて思っても、すでに手遅れになってしまうこともあります。

「常にあるリスク」としっかり向きあっていければ幸いかと思います。

ココさん、大丈夫よ!異動はないから安心して。

良かったです(;^_^A
もっと先輩と一緒に仕事していたいですからね。部長お願いですよ!

それではこの辺で。

ご覧いただきありがとうございました。