ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【決算書】ネコでもわかる決算書の読み方 ~貸借対照表編~

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20191122105001j:plain

 

部長、頼まれていた書類お持ちしました。 

クロミさん、ありがとうございます。
ん?このBSだけど、左右の合計金額が合ってないですね。

えっ?あっ、ホントですね。
すいません!もう一度計算し直してきます。

大丈夫ですよ、経理担当にも確認してもらってくださいね。

こんにちはネコ部長です。

自分の会社にどれだけ資産があって、借金がどれだけあるのかが気になったことはありませんか?そういった会社の懐事情を知るには、「貸借対照表(B/S)」を見ればわかります。と、そのまえに、今までのおさらいをしておいてくださいね。

 

www.nekobuchou.com

  

www.nekobuchou.com

 

 

 

貸借対照表(B/S)

貸借対照表(BS)とは
Balance Sheet(略してBS)バランスシートと呼ばれています。
決算日に会社にどれくらいのお金があって、どれくらいの借金があるのかを表した財務諸表のひとつで、会社がどのようにして資金を調達し、調達した資金をどのように運営しているかがわかります。

 

つまり、会社の財務状態を見ることができるということです。

貸借対照表は左右に分かれていて、左側に「資産の部」、右側上段に「負債の部」下段に「純資産の部」となっています。

 

f:id:nekobuchou:20191122213148j:plain

引用:GRANDIT BLOG

貸借対照表の右側

 貸借対照表の右側のことを「調達源泉」とも呼ばれ、財産の元となったお金の調達方法を意味しています。さらにその調達方法が「銀行などに借入した」などの負債(他人資本)と、自社の資本金や「株主にお金を出してもらった」などの純資産(自己資本)に分けられています。

貸借対照表の左側

貸借対照表の左側のことを「運用形態」とも呼ばれ、調達したお金を何に使ったのか、つまり「会社の財産」を意味します。現金のまま持っていたり、商品や建物、土地に変えていることもあります。それらを称して「資産(財産)」となります。

資産、負債、純資産の関係

f:id:nekobuchou:20191122233450j:plain 

貸借対照表で表していることを簡単にいえば、「調達してきたお金の分だけ、何らかのことにお金使う」ことになるので、調達したお金(右側)=使ったお金(左側)とが、バランスがとれていないといけないということなのですね。 

資産 = 負債 + 純資産

フムフム、なるほど。だからバランスシートなんですね!

それではもう少し噛み砕いて説明していきましょう。 

 

資産

貸借対照表の左側に記入する「資産」には資産の種類があり、並び順があります。 

まず最初に「流動資産」があり、その後に「固定資産」が記載されます。つまり、流動から固定という並びになるわけです。 

「流動資産」と「固定資産」とはなんでしょうか?

「流動資産」とは、現金そのものや1年以内に現金化される資産のことで、「固定資産」とは、長期で使用することを目的として購入された建物や備品、あるいは現金化するのに1年以上の時間を必要とする資産のことです。

ただ、流動資産と固定資産の下に「繰延資産」という資産を計上することがありますが、繰延資産を計上していない会社もあります。

繰延資産 - Wikipedia

 負債

貸借対照表の右上に記入する「負債」にも、「流動負債」と「固定負債」があります。記載する順番も資産と同じく、流動から固定という並びになります。

「流動負債」とは、1年以内に支払期限がやってくる借金のことで、「固定負債」とは、支払期限が1年超の借金のことです。 

流動から固定と、入金や出金の時期が早いものを
先に書くと覚えてください!

純資産 

貸借対照表の右下にくるのが「純資産」です。こちらも並び順があって、上の表では、「株主資本」「利益余剰金」となっていますが、他にも「評価・換算差額等」や「新株予約権」などがあります。 

負債と純資産合計のことを「総資本」と呼ぶのですね。

財務状況を見るには 

f:id:nekobuchou:20191122233456j:plain 

会社の財務状況を見るには、貸借対照表の「資産」「負債」「純資産」のバランスを見ることで知ることができます。

う~ん...。どう見たらいいのですか?

簡単な見方としたら、次のようになります。 

POINT

・負債 > 純資産 = 財務状況が厳しい!
・負債 < 純資産 = 財務状況が健全!

 このように見ることで、会社の善し悪しが見えてきますね!

まとめ 

f:id:nekobuchou:20191122233453j:plain 

いかがでしょうか。

それでは少しまとめておきましょう。

 

まとめ
・資産=お金になるもの 負債=借金のこと 純資産=資本金
・資産の金額と総資本(負債+純資産)の金額が同じ
・負債が大きければ財務状況は厳しい!
・純資産が大きければ財務状況が健全!

 

ザックリとですが、貸借対照表(BS)についてはこのようになります。

もっと細かいこともありますが、詳しくはまたの機会にでも説明しましょう。

 

 

お待たせしました。一応、経理担当にも確認していただきました。
いかがでしょうか。

そうですね...。問題ありません。
ありがとうございました。

 

次回は決算書の3つ目、キャッシュフローについてお話しします。

 

ご覧いただきありがとうございました。