ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【京都】ちょっと散策してみた~ぶらり散歩「京都東山区」編~

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20190916224603j:plain

 


今日は用事があって、久しぶりに「京都」にやってきました。

用事も早く済んだことだし、ちょっとその辺を散歩してみよう!

ということで、京都東山区を散歩してみることにしました。

京都東山区

 

 

東山区(ひがしやまく)は、京都市を構成する11区のひとつ。区内には、祇園や三条京阪周辺などの繁華街がる。鴨川左岸の平野部は早くから市街化されているが、東山の西麓には大規模な寺社が林立する。景観条例等の規制が比較的厳しいこともあって、他の区で見られるような山間部の住宅開発は行われておらず、人口は11区中最も少ない。なお、当区の65歳以上の高齢者比率は11区中最も高く、全国の政令指定都市の行政区の中でも6番目に高い。(総人口37197人 2019年6月1日調べ)

 出典:ウィキペディア

 

 散歩するにしても、かなり広いし時間も限られているので
移動できる範囲内で色々見て回ることにしました!

京都国立博物館

f:id:nekobuchou:20190916142555j:plain

 

まずはここ、「京都国立博物館」です。

以前から気になっていて、ようやく入ることができましたが、建物は1897年

(明治30年)に創設され、2014年9月に平常展示館を立て替えられてできたのが

「平成知新館」です。(下写真)

 

f:id:nekobuchou:20190916141818j:plain


建物は3層吹き抜けになっていて、とても解放感がありますが、展示室は自然光を

完全に遮断しており、展示品を配慮した設計になっています。

中にはレストランもあり、ゆっくり鑑賞できる配慮がされています。

庭園には噴水もあり、1日中楽しんでいられる博物館ですね。

 

この日は、特別企画として「京博寄託の名宝」が催されていて、沢山の仏像や名画、

書跡や染織など、階ごとにテーマがあってそれぞれの名宝が展示されていました。

残念ながら、展示品は撮影不可になっていたため写真はありませんが、エントランス

には「風神雷神図屏風」のレプリカ?がありましたので、その写真がこちらです。

 

f:id:nekobuchou:20190916194720j:plain

 https://www.kyohaku.go.jp/jp/

 

本物は中国絵画展示室にありますが、展示期間は2019年8月14日~9月16日

なっています。

風神雷神はやっぱり素晴らしいですね!

開館時間・観覧料・休館日、交通アクセスなど詳しいことはHPでご確認ください。

平成知新館/京都国際博物館

 蓮華王院 三十三間堂

f:id:nekobuchou:20190916201008j:plain

 

次は、京都国立博物館の斜め前にある「三十三間堂」です。

 

正式名称は「蓮華王院本堂」というそうですが、天台宗妙法院の境外仏堂であり、

元は、後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂です。

 

ご本尊は「千手観音」で「蓮華王」とは千手観音の別称だそうですね!

 

三十三間堂とは、南北約120mの本堂内陣の柱間が33あることから、そう呼ばれて

いますが、本堂には1000体の千手観音像や風神雷神像など多数の国宝や重要文化財

があります。こちらも残念ながら本堂内は撮影禁止になっていました。

 

f:id:nekobuchou:20190916202702j:plain

 

1000体の千手観音像の表情が、それぞれ違っているように見えるのは
気のせいですかね?

本堂内には様々な展示品もあり、とても楽しませていただきましたが、

境内はこのようになっており、とても広く結構歩きました。

 

f:id:nekobuchou:20190916203319j:plain

 

中庭には朱色の回廊もあり、なんだか本堂とは違って艶やかです。

 

     f:id:nekobuchou:20190916203645j:plain

 

拝観時間・拝観料・交通アクセスについての詳しいことはHPで確認下さい。

蓮華王院 三十三間堂

 

豊国神社

f:id:nekobuchou:20190916204508j:plain


そして次は、三十三間堂からテクテク歩くこと5分、京都国立博物館のお隣にあるのが

「豊国神社(とよくにじんじゃ)」です。

 

豊国神社は、神号「豊国大明神」を下賜された「豊臣秀吉」を祀った神社です。

豊臣家滅亡とともに徳川家康の命により廃絶となったが、のちに明治天皇の勅命

により再興された。主祭神の居城があった大阪城公園や滋賀県長浜市、出身地の

名古屋などにも豊臣秀吉を祀る豊国神社が存在している。

 出典:ウィキペディア

 

道路から境内までの距離は短くすぐ鳥居があり、そこをくぐって境内に入ります。

手水舎で清め、そのまままっすぐ歩けば国宝にもなっている「唐門」に到着します。

この唐門は、秀吉が築いた伏見城にあったものをこちらに移したそうで、唐門の扉

には「鯉の瀧登り」の彫刻がされていて、瀧を上って竜になるということから、

出世にご利益があると言われています。

 

     f:id:nekobuchou:20190916204457j:plain

 

また「宝物館」もあるので、そこには秀吉にゆかりのあるものが展示されて

いますので、お時間があるかたは見ていってください。

豊国神社のご利益は、勝ち運・仕事運・就職(就活)・転職となっています。

 

草履取りから大出世した、秀吉公ならではのご利益ですね!

お守りも、ひょうたんの形をした物やぞうりの形のもの、わらじの形をした

「出世絵馬」などもありますので、就活生や出世したい人にはおすすめです。

 

詳しいことはこちらから確認ください。(HPが無いようなので)

 

www.jalan.net

安井金毘羅宮 

f:id:nekobuchou:20190916212805j:plain

 

そして次に訪れたのが、京都最強の縁きり神社と名高い「安井金毘羅宮」です。

豊国神社から車で10分ほど走りますが(散歩じゃなかったっけ?)、
 

 

運が良ければ、安井金毘羅宮の駐車場(無料)が利用できます。

(念のために近くのコインパーキングを利用しました)

 

安井金毘羅宮は歴史は古く、飛鳥時代に藤原鎌足(中臣鎌足)が一族の繁栄を願って

創建した「藤寺」が起源とされているようです。

 

安井金毘羅宮は「縁きり神社」ともいわれ、境内には絵馬の形をした高さ1.5m、

幅3メートルの巨大な岩があり、その中央には穴が開いていて、その穴をくぐり

ながら願い事をすれば叶うとされています。また、縁切りだけでなく、縁結び

にもご利益があるようで、「悪縁を断ち良縁を呼び込む」といったパワースポット

としても有名です。(この日は、若い人や外国人がとても多かったです)

 

f:id:nekobuchou:20190916215313j:plain


まず、参道を通って手水舎で清め本殿に参拝します。そのあとは、形代(かたしろ)

と呼ばれる身代わりのお札に、縁を切りたい、縁を結びたいといった願い事を書き

「縁切り縁結び碑」に向かいます。詳しい参拝方法はこちらからどうぞ。

縁切り縁結び碑について|安井金比羅宮

 

お札を貰う時には、お志として100円以上のお賽銭をしましょうね!


しかし、この日は 連休中日ともあって、すごい人の数で待ち時間がとてつもなく

長くなりそうです。でもせっかく来たのだからと思い待つこと1時間30分、やっと

出番がやってきました。(人気のアトラクション並みの待ち時間です)

 

f:id:nekobuchou:20190916212805j:plain

 

ご覧の通りすごい数のお札です。ちょっと怖い感じがしますが、願い事をしながら「表」と彫ってあるところから穴をくぐり、今度は「裏」 からくぐりなおします。

狭い感じはなかったのですが、体制がけっこうキツかったので、そっちの方で頭が

いっぱいになっていました。

 

その後は、お札を碑に張り付けるのですが、碑の裏側にのりが置いてあるので安心

して下さい。そして自分の好きな場所に張り付ければ完了です。

 

詳しいことや、交通アクセスについてはこちらから確認下さい。

交通案内|安井金比羅宮

まとめ

f:id:nekobuchou:20190916184024j:plain

 

いかがでしょうか。

京都東山区には他にも、清水寺や八坂神社など有名な名所がありますが、

残念ながら今回は時間が無かったので、またの機会にご紹介します。

 

 

しかし、中秋のはずがこの日の気温は34度もあり、4か所回るだけでもかなり

しんどかったです。でも満足はしていますので、また京都に来てゆっくり名所

めぐりをしてみたいと思います。美味しいものもたくさん食べたいですね!

 

ご覧いただきありがとうございました。