ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

【熱中症】今年も暑くなりそうです!熱中症の予防と対策について

スポンサーリンク

f:id:nekobuchou:20190923120604p:plain

 

こんにちはネコ部長です。

梅雨も明け、暑い日々が続いていますが、毎年のことながらこの暑さには

辛いものがありますよね。そしてこの時期気をつけなければいけないのが、

「熱中症」です。

 

 

そこで今回は、熱中症の予防と対策についてお話ししていきます。

熱中症とは

      f:id:nekobuchou:20190923120701p:plain

 

熱中症とは 体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、 体温の調整機能が働かなくなったりして、体温の上昇やめまい、 けいれん、頭痛などの様々な症状をおこす病気のこと。
参照:大塚製薬 
 
このように熱中症とは暑い環境で生じる健康障害の総称で、熱中症にはいくつかの
種類に分類されます。
 

・熱射病

・熱けいれん

・熱失神

・熱疲労

 熱射病

      f:id:nekobuchou:20190923121009p:plain

 

熱射病は、体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態のこと。

意識障害やショック状態になる場合もあります。

熱射病の特徴としたら、次のような症状が見られますので注意してください。

熱射病の特徴

・体温が高い

・意識障害

・呼びかけても反応が鈍い

・言動が不自然

熱けいれん 

      f:id:nekobuchou:20190923121204p:plain

 

熱けいれんは、大量に汗をかくことで血液の塩分濃度が低下した

ときに、足や腕、腹部の筋肉に痛みを伴った「けいれん」が起こる

ことで、特徴は次のような症状が見られます。

熱けいれんの特徴

・筋肉痛になる

・手足がつる

・筋肉がけいれんを起こす

 熱失神

      f:id:nekobuchou:20190923121310p:plain

 

熱失神は、血圧が低下し脳への血流が悪くなることにより起こりますが、

特徴としたら次のような症状が見られます。

熱失神の特徴

・めまい

・一時的な失神

・顔色が悪い(蒼白)

・脈が速い

 

熱疲労 

      f:id:nekobuchou:20190923121433p:plain

 

熱疲労は、大量に汗をかいたときの水分補給が 追いつかない

ときに、身体が脱水症状に陥ることで起こりますが、特徴は

次のような症状が見られます。

熱疲労

・頭痛

・嘔吐

・倦怠感

・集中力の低下

熱中症になりやすい人

      f:id:nekobuchou:20190923121625p:plain

 

まず、 熱中症にはどのような人がなりやすいのでしょうか?

そこから熱中症の予防と対策を考えていきましょう。

 熱中症になりやすい人には、次のような特徴があるようです。

・高齢者や乳幼児

・高血圧

・寝不足

・二日酔い

・朝ごはんを食べない

・汗をかくことが少ない

・発熱や下痢をしているなどの体調が悪い人

 

このような特徴がありますが、どれも共通していえることは、

体温を調整してくれる「汗」が関係しています。

熱中症の予防と対策 

f:id:nekobuchou:20190923121842p:plain

 

 体温調整をしてくれる「汗」は、血液中の水分や塩分から作られるため、

急な暑さにより大量の汗をかいてしまったり、自律神経の働きが低下して

しまうことで体温調節機能がうまく働かなくなります。

そこで、急な暑さにも耐えられる「体づくり」が大切なのです。

 

また、日々の過ごし方にも工夫をしておけば、熱中症になりにくく

なると思います。熱中症の予防と対策のポイントは次の通りです。 

POINT

・適度な運動をして、汗をかく習慣をつける

・やや熱めのお湯で半身浴をする

・こまめに水分・塩分・糖分を取る

・外出は帽子などを着用し、直射日光を避ける

・熱気を逃がしやすい通気性の良い服装を選ぶ

参照:サワイ健康推進課 

 

by カエレバ

熱中症は室内でも起こります 

       f:id:nekobuchou:20190923120920p:plain

 

熱中症は外出時だけとは限りません。実は室内でも熱中症になること

があるのです。風通しが悪く、冷房機器などを使用せずにいると

気温だけでなく、湿度も高くなってしまい熱中症になってしまいます。

そうならないためにも、次のことに気をつけていきましょう。

POINT

・エアコン・扇風機を上手に利用する

・部屋の温度を計る

・部屋の風通しを良くする

・こまめに水分を補給する

・涼しい服にする

参照:大塚製薬 

まとめ 

昨年5月から9月にかけて 熱中症で救急搬送された人員は、全国で

95137人もいましたが、今年はどうなるのでしょうか。

参照:総務省消防庁 

熱中症にならないためにも、しっかり予防と対策はしておきましょう。

 

ご覧いただきありがとうございました。