ネコ部長のお役立ちブログ

         明日から活かせる知識・話題など何かのお役に立つブログです

「母の日」ありがとうの感謝を込めて贈るプレゼント おすすめ5選!

スポンサーリンク

 

f:id:nekobuchou:20190504195425j:plain

今年の母の日は「5月12日 日曜日」ですね!

 

みなさんは「母の日」になにかしていますか?

私は、離れて暮らしているので毎年花を贈っています!

え~っと、私は家族みんなで食事にでかけていますね・・

 

 

 こんにちはネコ部長です。

母の日の感謝のスタイルはそれぞれですが、毎年のことですから贈るものも

マンネリ化しつつあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ありがとうの感謝を込めて贈るプレゼントおすすめ5選

を紹介していきます。

その前に「母の日」について、少しおさらいしておきましょう。

母の日とは

日本での母の日は「5月の第2日曜日」に祝う習慣になっていますが、

国によっては様々で、例えばスペインでは5月第1日曜日、北欧スウェーデン

では5月最後の日曜日にあたります。

アメリカ・オーストラリアは日本と同じ5月第2日曜日ですね!

参照:Wikipedia

母の日の由来は

母の日の由来は、1908年5月10日にアメリカ・ウェストバージニア州で、

アンナ・ジャービスという女性が、亡き母を追悼するためフィラデルフィアの

教会で赤いカーネーションを配ったのがはじまりとされています。

 

1910年にウェストバージニア州知事が「5月の第2日曜日は母の日にする!」と

宣言し、やがてその風習が広まり1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と

制定されました。

 

日本での母の日の由来は、1913年に青山学院で母の日礼拝が行われたのが

はじまりといわれていて、アンナ・ジャービスから青山学院にメッセージが

届き、当時青山学院にいた熱心な女性宣教師の働きかけにより日本で母の日が

定着していったのがきっかけだとされています。

諸説はいろいろとあるようですね!

カーネーションの花の色の意味

f:id:nekobuchou:20190504215943j:plain

母の日の贈りものとして定番なのが「カーネーション」ですが、

この花の色には意味があるようです。

 

《赤いカーネーション》

母への愛、母の愛、純粋な愛、真実の愛

深い赤色になると「私の心に哀しみを」という意味に変わるようです。気をつけておきましょう!

《白いカーネーション》

私の愛情は生きている、尊敬

たしか、白いカーネーションは亡くなった母へ贈る色ですよね

《ピンクのカーネーション》

感謝、気品、温かい心、美しい仕草

この色は母が大好きな色でとても喜んでくれています!

 

おすすめ5選!

それではおすすめ5選を紹介していきます。

名入れ桜カラータンブラー

 母の日の贈り物を長く使っていただきたいと思われるかたに

おすすめです。日付や母の名前をタンブラーに刻んでもらえます。

アツアツのコーヒーから、冷たいビールなどにも使えるので、

これからの季節には最適ではないでしょうか。

 

 

 和風ブリザーブドフラワー&和菓子

 花だけでは物足りないと思われるかたにセットで和菓子もついてくる

ギフトです。和菓子はお芋入りどら焼きで「ありがとう」の文字が

入っています。

 

 

バラ型 フラワーソープ

 フラワーソープは花びらが石鹸でできているので、ちょっとした

ロイヤル感が味わえるのでは。またインテリアとしてもおすすめ

できますので、とても重宝すると思います。

 

 

カタログギフト

どうせなら好きなものを選んでもらおうと思われるかたにおすすめです。

選べる楽しみも一緒に贈ることができますよ!

 

 

マッサージ枕 

やはり健康が一番です!このマッサージ枕はいろんな箇所に使用できる

のと、車のシートにも取り付けられるのでドライブや旅行などにも最適

です!

 

 

 まとめ

母の日はカーネーションを贈るというのもいいですが、今年はちょっと

ちがった贈り物をされてみるのもいいかと思います。

 

私は、毎年母の日は仕事でなかなか何もできていないのですが、

今年はおすすめ5選のなかから何か贈るように考えてみます。

そして感謝の気持ちを込めて「ありがとう」と伝えたいと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。